法人の歩み

名 称 社会福祉法人 清和会
所在地 鎌倉市植木18番地
電話番号 TEL 0467−46−4891/FAX 0467−43−6541

沿革

昭和35年4月 鎌倉市手をつなぐ親の会の7人の母親たちが、鎌倉市より旧大船授産所(鎌倉市小袋谷にあった鎌倉市旧大船支所地内)を借り受け、自由契約施設として、「鎌倉清和学園」(適所7名)発足。

「鎌倉清和学園」当初の建物 昭和35年4月 開園式
クリスマス会 ダンボール製品加工
昭和36年3月 財団法人「清和学園」認可。
昭和41年4月 財団法人の社会福祉法人化を図るため、社会福祉法人「鎌倉清和学園」設立委員会を結成。
昭和47年2月 社会福祉法人「清和会」認可。
昭和47年5月 知的障害者更生施設 「鎌倉清和学園」を開所(鎌倉市植木18)。
定員入所30名。適所10名。

「鎌倉清和学園」鎌倉市植木に開所 昭和47年5月開所式
昭和49年4月 通所定員15名。5名増。
昭和53年4月 障害者地域作業所「清和工房」開所(鎌倉市玉縄1−6−15)。
昭和60年4月 通所定員20名。5名増。作業棟増築。

作業棟 増築
平成5年4月 生活ホーム「清和ホーム」開所(鎌倉市植木)。定員4名。
平成7年4月 知的障害者更生適所・授産通所施設「鎌倉はまなみ」の開所。(鎌倉市より清和会に運営委託。鎌倉市由比が浜2丁目11−3−2)更生通所定員30名。授産通所定員25名。

「鎌倉はまなみ」のその前身の「鎌倉市授産所」は、昭和13年社会事業及び軍人遺族授産所として設置され、戦後は昭和24年生活保護法に基づく授産施設として運営。しかし時代の流れにより「生活保護」の援護の必要な人から障害者の必要な援護へと機能の変化のため、知的障害者の施設として、鎌倉市が建設。その運営を福祉法人「清和会」が受託。

「鎌倉はまなみ」開所
平成7年10月 (仮称)第二鎌倉清和園建設に着工。平成9年3月完成。
平成9年3月 「鎌倉清和学園」入所部を廃止。
障害者地域作業所「清和工房」廃止。
平成9年4月 知的障害者更生施設、「鎌倉清和園」開設。入所定員54名(うち短期入所、一時保護4名)。「鎌倉清和学園」の入所部門を「鎌倉清和園」へ移し、適所部門は定員を10名増員し、「清和工房」を取り込み、 「鎌倉やまなみ」として再発足。
生活ホーム「第二清和ホーム」(鎌倉市植木92植木グリーンコーポ203)定員4名。

「鎌倉清和園」開所
平成13年10月 生括ホーム「第三清和ホーム」(鎌倉市植木92植木グリーンコーポ303)定員4名。
平成14年11月 生活ホーム「横須賀清和ホームJ(横須賀市津久井3−14−3)開設。定員5名。

「横須賀清和ホーム」設置
平成15年4月 特別養護老人ホーム「鎌倉清和由比」開設。入所定員60名。他に短期入所10名・適所介護・居宅介護支援も実施。
知的障害者授産適所施設鎌倉はまなみ分場「鎌倉由比」定員15名として発足。
高齢者グループホーム「鎌倉由比ホーム」開設定員10名1ユニット5名の2ユニット)。

特別養護老人ホーム「鎌倉清和由比」開所
平成16年4月 知的障害者授産通所施設鎌倉はまなみ分場「鎌倉由比」は、定員5名増。定員20名とし法内施設の運営とする。
平成19年4月 「鎌倉市立鎌倉はまなみ更生・授産施設」指定管理期間5年。
平成19年4月 知的障害者更生適所施設「鎌倉やまなみ」を一年にて再整備して開設。名称を「障害者生活支援センター鎌倉清和」と改称。定員60名他に身体障害者の短期入所事業定員4名開設。

  
「鎌倉やまなみ」を再整備し「障害者生活支援センター鎌倉清和」開所
平成19年12月 「障害者生活支援センター鎌倉清和」新法移行。生活介護事業40。
平成20年11月 知的障害者地域生活援助事業「第一清和ホーム」転居。鎌倉市佐助1−5−18へ。定員7名。

「第一清和ホーム」設置
平成20年11月 知的障害者地域生活援助事業「第二清和ホーム」転居。鎌倉市長谷5-6−10へ。定員4名。

「第二清和ホーム」設置
平成21年4月 知的障害者地域生活援助事業「第三清和ホーム」転居。鎌倉市材木座6−6−27へ。定員2名。
平成22年4月 「鎌倉清和園」新法移行。施設入所支援50・生活介護事業50・短期入所事業4。
平成22年6月 鎌倉清和創立50周年を迎え感謝音楽祭(鎌倉芸術館)開催。
平成22年8月 三浦しらとり園の指定管理者指定書を県より受理。
平成22年11月 鎌倉清和創立50周年感謝の会(鎌倉パークホテル)開催。
平成23年4月 三浦しらとり園(1期)・鎌倉はまなみ(2期)指定管理受託開始。

「三浦しらとり園」指定管理開始
平成24年4月 「鎌倉はまなみ(更生)」「鎌倉はまなみ(授産)」「鎌倉由比(授産)」を旧法から新法に移行し、それぞれ「鎌倉わかみや(生活介護)」「鎌倉はまなみ(多機能型 生活介護・就労継続支援B型)」「鎌倉由比(生活介護)」になる。
平成26年4月 相談支援事業「三浦しらとり相談支援事業所」開設。
平成26年7月 グループホーム「第三清和ホーム」廃止。
平成26年8月 グループホーム「横須賀第二清和ホーム」開設。横須賀市津久井3-11-26。

「横須賀第二清和ホーム」開設
平成26年10月 相談支援事業「鎌倉やまなみ相談支援事業所」開設。
平成28年4月 「鎌倉はまなみ」(3期)指定管理受託開始。
平成28年4月 グループホーム「横須賀第三清和ホーム」開設。横須賀市岩戸3―12―13。

「横須賀第三清和ホーム」設置
平成29年4月 グループホーム「第三清和ホーム」開設。鎌倉市大船2−1−6。

「第三清和ホーム」設置
平成30年3月 高齢者グループホーム「鎌倉由比ホーム」廃止


ページ上部へ▲